前へ
次へ

腰痛を起こしてしまう原因とは

腰痛は人間が二本足で歩行するようになった時から発生している症状であり、四足歩行を行っている動物では生

more

腰痛時のコルセットは使い方に注意

むち打ち症などになった時は首を固定するために一時的にコルセットを装着します。あくまでも一時的であり一

more

腰痛対策に気をつけたこと

昔から腰痛のある私は、次のようなことを気をつけて暮らしています。まずは、ジョギングやストレッチなど、

more

女性特有の腰痛になる原因

腰痛は様々な年代の人が悩まされている事であり、腰が痛くなる原因も色々あります。腰痛になる原因としては生活習慣の他に病気が原因な場合もありますが、それ以外で腰が痛くなる要因として女性特有の原因などもあります。まず女性の場合は生理周期があり、基本的に1ヵ月に1度は月経があります。月経自体は個人差もありますが、その時に起こる内容として生理痛があります。生理自体は不要になった子宮内膜が剥がれて体外に排出されてきます。その時に出血も伴いますが、子宮内膜が剥がれる際に痛みが発生して生理痛になります。この生理痛ですが一般的に多いのは子宮内膜が剥がれる事による腹痛がとても多いです。重くのしかかるような痛みが続き、症状が酷い人は起きている事が困難な事もあります。ですがこの時にホルモンバランスの崩れによって頭痛が起こるほか腰痛といった症状がでることもあります。なぜ腰が痛くなるかですが、これは生理の際に子宮の伸縮が繰り返されます。その際の伸縮の動きが過度に行われ、それに伴い腰に痛みとして症状が表れます。子宮内膜が剥がれる時の刺激と子宮の伸縮運動によって、お腹と腰が同時に痛みが伴う事もありその痛みは人によって軽い人もいれば重い人もいます。このように女性だからこそ起こる腰の痛みもあります。その他に女性特有の腰痛と原因になるのが妊娠になります。まず妊娠初期におこる腰の痛みの原因は、ホルモンの変化が原因となります。ホルモンの変化によって靭帯や背骨に骨盤などが緩んでしまい、それにともない腰への負担が増えてしまいます。また初期におこるつわりなどで身体を動かすのが辛くなり、同じ姿勢を取り続けてしまうといった内容も原因になります。またお腹の赤ちゃんが成長してくるとお腹が大きくなり、重さによって腰への負担が増える事で痛みが伴う事も増えてきます。このように女性だからこそ発生する腰の痛みがあり、これらは原因をしっかり把握したうえで軽減するように工夫することがポイントとなります。

新しい歯並び治療のご提案
ワイヤー治療はもう終わり。
マウスピースによる新しい矯正治療初めてみませんか?

医学的に根拠基づいた確かな治療を
患者様がご納得できるようにきちんとご説明できる歯科治療を行っています

目立たないことでご好評を頂いております
矯正していることが周りにバレるのが嫌な方も、見えにくい矯正が可能なのでぜひ名古屋の矯正歯科へお越し下さい

虫歯の治療だけで終わらない歯科医院
治療後のことも考えた歯科治療プルチーノ歯科・矯正歯科東京です

ご高齢の方のために働きたいという方は
介護タクシー業界で幸せな生活の手助けをしませんか

Page Top